カード会社のキャッシングを利用する

10年以上前ですが、大学生の頃アルバイトはしていたが楽しく遊ぶためにお金が必要で、携帯代、自動車維持費やローン、その他遊興費にお金が必要であった。
当時アルバイトはしていたが、給料日前になるとお金が足りなくなるためアルバイト費用だけでは賄えず、カード会社のキャッシングを利用するようになった。
その後、雪だるま式に借金が増えてしまい、アルバイトの給料すべて借金返済に廻しても返済金額に足りなくなりました。
そしてA社の支払期日になるとB社で借りB社の支払期日になるとC社へ借りにいく、またA社へ借りに行く堂々巡りに陥りました。
金利で借金がどんどん増えて、支払い期日をやり過ごすために、複数社のキャッシングを利用することになった。

お金を借りる手続きが、銀行のキャッシュカードと同じ機械でしかも同様の操作だけで借りられたため借金をしている感覚よりも自分の銀行口座から預金の引き落としをしているような感覚を持っていた事を覚えています。
初めはオッカナビックリして借りていましたが2、3回借りてしまうと直ぐに慣れてしまいました。
やがて時間の経過と共に借金が増えていく恐怖により、他の金融機関への返済しか考えられなくなりお金を借り続けました。
最後のほうは借金の対して無感覚になっていました。

ご利用は計画的に・・・
この一言に尽きます。
キャッシングと英語にしておりますが用は「借金」です。
お金を返済できなければ大変な事になります。
金融機関によっては厳しい追い込み(キツイ取立て)に遭うでしょう。
お金を借りる前にしっかりとした返済計画を立ててから借りましょう。
初めは1,2万円だからと軽い気持ちでキャッシングを繰り返すとあっという間に100万、200万と膨れ上がります。
特に学生やアルバイトで生計を立てている方は要注意だと思います。