キャッシング=借金というイメージ

クレジットカードやキャッシングにはかなりの抵抗感を持っていた。
一人暮らしをするようになってから生活費が足らなくなってきた。
そもそも一人暮らしを反対されていたこともあり、両親に経済的なことで相談することができずにクレジットカードを使うようになった。
最初はガソリン給油やスーパーでの買い物など必要な物の買い物にだけ使っていたが、そのうちクレジットカードを使うことに抵抗がなくなると生活費以外の洋服やレジャーにも使うようになってしまい一気に負債と支払いが増えてしまった。
給料だけじゃ支払いが間に合わなくなったのと、クレジットカードの限度額が近くなったことで自力でどうしようもなくなって次第にキャッシングもするようになった。

キャッシング=借金というイメージであり、やはり抵抗があった。
まだ20代だったし、実家も住宅ローンで火の車なのを間近で見ていたので怖くて絶対手を出したくなかったが、いざ使ってみると簡単にお金が手に入った。
その簡単さが、さもキャッシングで手に入れたお金が自分のもののようか錯覚を覚える。
しかし、支払いはリボ払いだったので金利は高く、全然借り入れ残高が減らずに次第に家計は自転車操業になっていった。
逃げ出したかったけど、もう自力ではどうすることもできずに結局両親に相談して協力してもらうことになった。
とにかくあの時期はお金のことに振り回された。

まず家族に素直に相談してほしい。
軽い気持ちで借りてしまうと状況が悪化してしまい、一人でどうすることもできずに結局は相談することになる。
どうせ相談するなら傷が浅い時の方がましだと思う。
相談する人がおらず、やむを得ない場合はきちんと返済計画を立てること。
借りれる額まで借りるのではなく、返済できる額ベースで利用してほしい。
でも一番はまず借りずにすむ方法をもう一度考えてほしい。
よくよく考えたら借りてまでお金が必要ない時もあるもの。