キャッシングのつらさを実感する

会社に入ったころがバブル終了直後、数年すると会社から給料が滞納される事態がでて、実家暮らしなので生活には困らなかったもののそれまで割とバブルの名残というわけではないですが、遊びや外食にお金をかけたり、パチンコを始めたりしていたので、そのままのペースで遊ぶにはお金が足りず、やめる というより借りる方を安易に選択してしまいました。
給料が元通り出るようになったら返せばいいと簡単に思い、足りないところを補てんするように次々借り入れ件数が増えました。
家族にはもちろん内緒にしていたので、それがばれないように生活費も入れていたので、それも補てんするように借り入れの上乗せが続きました。
毎月利息のみを返すような感じでした。

返せばいいという安易な考えと、利息だけでも相当な額を払っているのに、でも利息だけだから元本はほぼ減らず毎日やりくりに頭を使ってほかのことを考える余裕が減っていたと思います。
もちろん気持ちの余裕もなくなり、陰鬱な感じにもなっていっていました。
でも借りれば手元に実物のお金があるので使ってしまったりしてわけのわからない行動になっていたと思います。
ヤミ金には手をだしていませんでしたが、勧誘の電話やハガキが山のように来るようになり、それだけでなんだか追いつめられているようにも感じていました。

もちろん借りるなといってしまいたいのですが、もう5万円でもかりてしまえばいいのではないでしょうか。
キャッシングをしなくてはならない、とまで思っている人に「やめといたほうがいいよ」といっても届かないでしょうから、いっそかりてしまってたかが5万円を半年1年ほどかけて返済してみて、キャッシングのつらさを実感すると借り入れのないことがこんなに楽なことなのだと気づくのではないでしょうか。
私の今の感想で極論ではあるかもしれませんが。